スポンサードリンク

水虫は白癬菌の感染症

水虫に悩まされたのはおそらく子供の頃からで、いわゆる家庭内感染だったのだと思いますが、学校の試験の時などかゆくて足をこすりあわせて掻いていたのを思い出します。ほとんど水虫の治療もせず、市販の塗り薬をつかっても症状がおさまれば止めてしまうの繰り返しで、皮膚科に行っても顕微鏡で白癬菌の確認もせず水虫の塗り薬をもらうだけで症状は悪化の一途をたどったみたいですが、やっと近くに出来た皮膚科で顕微鏡で爪の白癬菌が見つかり、それから抗真菌薬の内服で2年間治療が続いて一応終了したのでした。
今では抗真菌薬の内服も短期間ですむパルスセラピーも登場しており、水虫はちゃんと治療しないと損だと思うようになりました。長年悩まされた水虫とも原因を検査して塗り薬と飲み薬で根気よく治療すればサヨナラできるのだとわかり、もっと早くに治療をすべきだったと思います。水虫の治療には根気が必要です。

水虫が爪に侵入すると爪の水虫となり、塗り薬だけでは治療が難しくなるといいます。足の爪だけでなく手の爪にも侵入しますから要注意です。身体中どこでも白癬菌は侵入してきます。
敵を知り己を知れば百戦危うからずです。水虫すなわち白癬菌のことを知ってその弱点を探り、殲滅するにはどうしたらよいか参考になれば幸いです。
水虫は自分がかゆいだけでなく、剥げ落ちる皮膚とともに白癬菌をまわりにばらまいているわけで、特に同居する家族にとっては迷惑な話です。早急に家族ともども検査、治療をうけて家の中から白癬菌を追い出しましょう。爪の中まで白癬菌の侵入を許せば治療は長びきやっかいです。できれば水虫予防を心がけて水虫をうつされないよう注意をしましょう。
また、自分が水虫と判断しても水虫に似た他の疾患もありますから、皮膚科を受診して顕微鏡で白癬菌を確認してもらってから治療に取り掛かりましょう。
かゆくてたまらない水虫はカビの一種白癬菌の感染症!頭のしらくも、体のたむし、陰部のいんきん、体中にうつります。爪に感染すると外用抗真菌剤のほかに内服薬も必要です。正しく予防と治療を行えば水虫とお別れすることも可能です。水虫を家族にうつさないようお役に立てれば幸いです。
高齢化が進み、爪白癬の高齢者も少なくないようで治療には難渋するようですが、抗真菌剤の内服治療ではパルス療法も行われており、皮膚科医との相談が重要でしょう。




重要事項:
「爪の水虫は白癬菌の感染症-水虫の基礎-」内に掲載されている内容については誤りのないように注意を払っていますが正確性を保証するものではありません。
掲載内容についてはご利用された方に不利益や損害等が生じた場合、当サイト管理人は一切責任を負いかねますのでどうかご了解の上でご利用下さい。
また、商品のご購入に際しましては、当サイトではアフィリエイトシステムをとらせていただいているため、各販売会社の特定商取引法に関する事項を参照していただくようお願いいたします。


当サイト内における誤った記載などお気付きの場合は下記連絡先までお知らせいただけると幸いです。

相互リンクについてお問い合わせ:mabou98gata@@yahoo.co.jp(@はひとつで送信して下さい。)


links:
アクセスアップは相互リンクで

SEO対策ならSEO Studio
相互リンク/治療法
相互リンクがアクセスアップ
みんなでつなごう相互リンクの輪
FX住宅ローン
検索サイト アクセスアップ【Fais.biz】
アクセス支援の検索エンジン
相互リンク
相互リンク 無料
インプラントバイク買取レンタルサーバーブログパーツエステ

1st-link無料相互リンク

水虫の家庭内感染

水虫菌は家庭内での感染が多いといいますから、治療に際しては家族がいっせいに治療薬を使用することが重要です。
皮膚の角質は約1ヶ月で剥がれ落ちるといい、その間根気よく水虫治療薬を使い続けることが水虫の治療の基本となっているようです。
また、水虫が24時間以上付着しなければ感染は防げるといいますから、きれいに洗い流して拭き取ることで感染は防げるということです。しかし、軽石でこするなどして皮膚に傷をつけると感染が早まるらしいので要注意です。
posted by mabou at 23:58 | 水虫について

爪水虫の治療薬と食事

爪水虫は皮膚の水虫が爪に侵入して起きるといいますが、治療に使われる水虫薬には肝機能障害などの副作用もあり血液検査を受けるなど注意する必要があります。
特に脂っこいものと一緒に服用するのはやめた方がよいようで、薬の飲み合わせにも気を配る必要がありそうです。
posted by mabou at 23:35 | 水虫の治療

新型水虫と武道

従来型の水虫が足を中心に感染するのに対し、新型の水虫は上半身が中心で、武道などでの身体の接触でも感染がおきるといいます。
そのため新型水虫の感染により競技に出られないという事態も起きているようで、選手が感染を隠して出場することで新型水虫が感染を拡大していく可能性があり心配されています。
posted by mabou at 21:51 | 水虫との闘い

爪水虫の増加

水虫菌が皮膚から爪へと侵入するという爪水虫は、高齢者に多いようで、日本は少子高齢化が進んでいますので爪水虫の患者も増加しているようです。
爪水虫といっても普通は痛くも痒くもないので気にしない方も多いようですが、皮膚科を受診して白癬菌という水虫の原因菌が見つかったら内服薬などで治療しておかないと家族にもうつる可能性があります。
posted by mabou at 09:57 | 爪の水虫(爪白癬)

新型水虫に注意

水虫には原因となる菌がたくさんあって、それぞれが感染を起こしやすい身体の部位が違っているといいます。
さらにアメリカやヨーロッパから持ち込まれたと思われる水虫もあり、トンズランス菌と呼ばれて新型水虫として注目されています。
トンズランス菌は普通の水虫が足の裏を好むのに対して上半身や頭を好んで感染するといいますから注意しておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 21:30 | 水虫と皮膚

冬も水虫

水虫の原因菌である白癬菌は湿度と温度が上昇する梅雨時以降に活発化することが多いようですが、寒い冬でも油断はできません。
雪道を歩いて足が湿ると、霜焼けなのか水虫なのかよくわからない痒さに悩まされることもあるようで、冬だから水虫がおとなしくしているとは限らないようです。
posted by mabou at 20:42 | 水虫との闘い

爪水虫による爪の変形

皮膚の水虫だけなら、抗真菌剤の外用薬を根気よく塗り続けることで根治も可能のようですが、白癬菌が爪の中へと侵入すると治療に難渋するようになり、爪自体ももろくなり変形したりするようです。
爪が変形して陥入爪になると爪が食い込んで痛くなってくるようで、爪白癬では爪が変形して爪切りも簡単ではなくなってしまいます。皮膚に白癬菌がとどまっているうちに治療を行いたいものです。
posted by mabou at 06:53 | 爪の水虫(爪白癬)

水虫の強さ

水虫は一般に足の水虫が考えられていますが、いわゆる足白癬は足が靴の中にあって高温多湿で白癬菌の生育に適しているために多いだけで、身体中どこでも白癬菌は生えるようです。
しかも抗真菌剤を使っても、なかなか退治することは難しく時間もかかりますから、治療には根負けしない根気が必要とされ、爪にまで白癬菌が侵入すると、さらに治療は簡単ではなくなります。
水虫のしつこさをよく知るべきでしょう。
posted by mabou at 14:06 | 水虫について

水虫の治療について

水虫の治療の代表は外用剤で、皮膚には抗真菌剤のクリームが主に使われているようで、さらに液剤も爪の水虫などに使われています。水虫は身体中の皮膚に感染しますが、体部白癬はぜにたむし、陰部白癬はいんきんたむしといわれてよく知られています。
また、爪の水虫や角質層の厚い皮膚では外用剤の効果が劣るため内服薬での治療が行われています。
抗真菌剤の内服薬は肝機能障害などの副作用が知られていますから、血液検査を受けながら内服することになります。
posted by mabou at 20:21 | 水虫の治療

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。